佐藤陽祐のぺ〜じ

English

SCALEのページへのリンク

自己紹介

  • ORCID: 0000-0002-6857-3783
  • ResearcherID: C-5416-2016

    経歴

    研究

    学部在籍時の研究

    専門:生物物理
    所属:名古屋大学理学部 光エネルギー研究室(G研)

    光合成の研究を主に行い、卒業研究では蛍光観測装置を立ち上げました。

    卒業研究のテーマ

    蛍光アップコンバージョン装置の立ち上げおよび、青色光センサータンパク質と光合成アンテナLHIIのフェムト秒蛍光寿命の測定

    大学院以降

    専門:雲物理
    所属:東京大学大気海洋研究所(気候システム研究系)・中島研究室

    修士論文

    修士論文のテーマ

    雲粒子成長モデリングにおける統計的手法の導入に関する研究 UT Repository

    博士論文

    博士論文のテーマ

    A numerical study on the microphysical properties of warm cloud off the west coast of California(カリフォルニア沖を対象とした暖かい雲の微物理特性に関する数値実験)UT Repository

    現在の研究(興味も含む)

    専門:気象学、雲物理、エアロゾル、大気モデル、数値シミュレーション
    所属:名古屋大学工学研究科総合エネルギー工学専攻 エネルギー環境安全工学グループ 
    E-mail:y-sato[at]energy.nagoya-u.ac.jp

    取り組んでいる研究

  • 雲粒子の成長過程のモデリング
  • 全球モデル、領域モデルを用いた雲とエアゾロルの相互作用
  • LESモデルを用いた雲微物理に関する研究
  • 雲の中での雷の発生メカニズム
  • 2011年3月に発生した福島第1原子力発電所から大気中に放出された放射性物質に関する数値実験(大気モデルに関するモデル間比較プロジェクト)

  • 趣味

    バスケ、テニス、スポーツ観戦

    論文、発表リスト

    査読付き論文

    1. M. Satoh, A. T. Noda, T. Seiki, Y.-W. Chen, C. Kodama, Y. Yamada, N. Kuba, and Y. Sato, (2018), Toward reduction of the uncertainties in climate sensitivity due to cloud processes using a global non-hydrostatic atmospheric model, Prog. Earth Planet. Sci., 5:67, doi:10.1186/s40645-018-0226-1 Journal page(Springer)

    2. Y. Sato, M. Takigawa, T. T. Sekiyama, M. Kajino, H. Terada, H. Nagai, H. Kondo, J. Uchida, D. Goto, D. Quélo, A. Mathieu, A. Quérel, S. Fang, Y. Morino, P. von Schoenberg, H. Grahn, N. Brännström, S. Hirao, H. Tsuruta, H. Yamazawa, and T. Nakajima, (2018), Model intercomparison of atmospheric 137Cs from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: Simulations based on identical input data, J. Geophys. Res.: Atmosphere, 123, 11748-11765, doi:10.1029/2018JD029144 Journal page(AGU)

    3. 荒木 健太郎, 佐藤陽祐, (2018), エアロゾル・雲・降水相互作用の数値シミュレーション, エアロゾル研究, 33(3), 152-161, doi:10.11203/jar.33.152, Journal page(J-Stage)

    4. Y. Sato, S. Shima, and H. Tomita, (2018), Numerical convergence of shallow convection cloud field simulations: Comparison between double-moment Eulerian and particle-based Lagrangian microphysics coupled to the same dynamical core, J. Adv. Model. Earth Sys., 10, 1495-1512, doi:10.1029/2018MS001285 Journal page(AGU)

    5. Y. Sato, D. Goto, T. Michibata, K. Suzuki, T. Takemura, H. Tomita, and T. Nakajima, (2018), Aerosol effects on cloud water amounts were successfully simulated by a global cloud-system resolving model, Nature Communications, 9, 985, doi:10.1038/s41467-018-03379-6 Journal page(NPG)

    6. T. Enoto, Y. Wada, Y. Furuta, K. Nakazawa, T. Yuasa, K. Okuda, K. Makishima, M. Sato, Y. Sato, T. Nakano, D. Uemoto, and H. Tsuchiya, (2017), Photonuclear reactions triggered by lightning discharge, Nature, 551, 481-485, doi:10.1038/nature24630 Journal page(NPG)

    7. Y. Sato, S. Shima, and H. Tomita, (2017), A grid refinement study of trade wind cumuli simulated by a Lagrangian cloud microphysical model: the super-droplet method, Atmos. Sci. Lett., 18, 350-365, doi:10.1002/asl.764 Journal page(RMetS)

    8. R. Yoshida, S. Nishizawa, H. Yashiro, S. A. Adachi, Y. Sato, T. Yamaura, and H. Tomita, (2017), CONeP: A cost-effective online nesting procedure for regional atmospheric models, Parallel Computing, 65, 21-31, doi:10.1016/j.parco.2017.04.004 Journal page(ELSEVIER)

    9. T. Michibata, K. Suzuki, Y. Sato, and T. Takemura(2016), The source of discrepancies in aerosol–cloud–precipitation interactions between GCM and A-Train retrievals, Atoms. Chem. Phys., 16, 15413-15424, doi:10.5194/acp-16-15413-2016 Journal page(Copernicus Publications)

    10. Y. Sato, A. Higuchi, A. Takami, A. Murakami, Y. Masutomi, K. Tsuchiya, D. Goto, and T. Nakajima(2016), Regional variability in the impacts of future land use on summertime temperatures in Kanto region, the Japanese megacity, Urban For. Urban Green., 20, 43-55, doi:10.1016/j.ufug.2016.07.012 Journal page(ELSEVIER)

    11. Y. Sato, H. Miura, H. Yashiro, D. Goto, T. Takemura, H. Tomita, and T. Nakajima(2016), Unrealistically pristine air in the Arctic produced by current global scale models, Scientific Reports, 6, 26561, doi:10.1038/srep26561 Journal page(NPG)

    12. S. Nishizawa, M. Odakta, Y. O. Takahashi, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, S. Takehiro, H. Yashiro, Y. Sato, H. Tomita, and Y.-Y. Hayashi(2016), Martian dust devil statistics from high-resolution large-eddy simulations, Geophys. Res. Lett., 43, doi:10.1002/2016GL068896 Journal page(AGU)

    13. T. Iguchi, I.-J. Choi, Y. Sato, K. Suzuki, and T. Nakajima(2015), Overview of the development of the Aerosol Loading Interface for Cloud microphysics In Simulation (ALICIS), Prog. Earth Planet. Sci., 2:45, doi:10.1186/s40645-015-0075-0 Journal page(Springer)

    14. Y. Liu, Y. Sato, R. Jia, Y. Xie, J. Huang, and T. Nakajima(2015), Modeling study on the transport of summer dust and anthropogenic aerosols over the Tibetan Plateau, Atmos. Chem. Phys., 15, 12581-12594, doi:10.5194/acp-15-12581-2015 Journal page(Copernicus Publications)

    15. S. Nishizawa, H.Yashiro, Y.Sato, Y.Miyamoto, and H. Tomita(2015), Influence of grid aspect ratio on planetary boundary layer turbulence in large-eddy simulations, Geosci. Model Dev., 8, 3393-3419, doi:10.5194/gmd-8-3393-2015 Journal page(Copernicus Publications)

    16. Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y.Miyamoto, Y. Kajikawa,and H. Tomita(2015), Impacts of cloud microphysics on trade wind cumulus: which cloud microphysics processes contribute to the diversity in a large eddy simulation?, Prog. Earth Planet. Sci., 2, 23, doi:10.1186/s40645-015-0053-6 Journal page(Springer)

    17. Y.Sato, Y. Miyamoto, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Kajikawa, R. Yoshida, T. Yamaura, and H. Tomita(2015), Horizontal Distance of Each Cumulus and Cloud Broadening Distance Determine Cloud Cover, SOLA, 11, 75-79, doi:10.2151/sola.2015-019 Journal page(J-stage)

    18. 佐藤陽祐、西澤誠也、八代尚、宮本佳明、山浦剛、富田浩文(2014),完全圧縮 LES モデルの開発と層積雲の成長過程に関する 計算~雲・エアロゾル科学への計算科学からの貢献, 低温科学, 72, 265-284 Journal page(北海道大学HUSCUP)

    19. Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Miyamoto, and H. Tomita(2014), Potential of Retrieving Shallow-Cloud Life Cycle from Future Generation Satellite Observations through Cloud Evolution Diagrams: A Suggestion from a Large Eddy Simulation, SOLA, 10, 10-14, doi:10.2151/sola.2014-003 Journal page(J-stage)

    20. Y.Sato, T. Y. Nakajima, and T. Nakajima, (2012b), Investigation of the vertical structure of warm cloud microphysical properties using the cloud evolution diagram, CFODD, simulated by three-dimensional spectral bin microphysical model, J. Atmos. Sci., 69, 2012-2030, Journal page(AMS)

    21. Y.Sato, K. Suzuki, T. Iguchi, I.-J. Choi, H. Kadowaki, and T. Nakajima, (2012a), Characteristics of Correlation Statistics between Droplet Radius and Optical Thickness of Warm Clouds Simulated by a Three-Dimensional Regional-Scale Spectral Bin Microphysics Cloud Model, J. Atmos. Sci., 69, 484-502 Journal page(AMS)

    22. Shibata, Y., Y. Murai, Y. Satoh, Y. Fukushima, K. Okajima, M. Ikeuchi, and S. Itoh, 2009, Acceleration of Electron-Transfer-Induced Fluorescence Quenching upon Conversion to the Signaling State in the Blue-Light Receptor, TePixD, from Thermosynechococcus elongatus, J. Phys. Chem. B., 113, 8192-8198 Journal page(Pub Med)

    23. Y. Sato, T. Nakajima, K. Suzuki, and T. Iguchi, 2009, Application of a Monte Carlo integration method to collision and coagulation growth processes of hydrometeors in a bin-type model., J. Geophys. Res., 114, D09215, doi:10.1029/2008JD011247 Journal page(AGU)

    査読無し論文

    1. 西澤誠也、佐藤陽祐、 八代尚、宮本佳明、吉田龍二、富田浩文、Team SCALE, 2013, 高領域・高解像度実験のための気象LESモデルの開発, ながれ, 32, 149-152 Journal page(日本流体力学会)

    報告書など

    1. 荒木健太郎、當房豊、山下克也、佐藤陽祐、鈴木健太郎、瀬戸里枝、川合秀明、山内 晃、小池 真、三隅良平、三浦和彦、島伸一郎、橋本明弘、田尻拓也、Tzu-Hsien Kuo、岩田歩、折笠成宏、木ノ内健人(2017),「エアロゾル・雲・降水の相互作用に関する研究集会」報告, 天気, 64, 483-491 Journal Page(日本気象学会)

    2. 三隅良平、岩崎杉紀、道端拓朗、竹見哲也、山下克也、佐藤陽祐、當房豊、大畑祥、橋本明弘、折笠成宏、田尻拓也、村上正隆(2016)、第17回国際雲・降水会議(ICCP2016)の報告, 天気, 63, 863-868 Journal Page(日本気象学会)

    3. 富田浩文、梶川義之、宮本佳明、吉村裕正、榎本剛、北村祐二、佐藤陽祐、清木達也、大塚成徳、柳瀬亘(2015), 第3回非静力学モデルに関する国際ワークショップ・第6回全球雲解像モデリングワークショップの開催報告, 天気, 62,57-62 Journal Page(日本気象学会)

    4. 三隅良平、下瀬健一、岩崎杉紀、大東忠保、佐藤陽祐、鵜沼昴、大竹英明、古関俊也、斎藤篤思、橋本明弘、山下克也、田尻拓也、竹見哲也、藤吉康志、村上正隆、中井専人、李根玉(2013), 第16回国際雲・降水会議(ICCP2012)の報告 6 :境界層の暖かい雲, 天気, 60, 177-185 Journal Page(日本気象学会)

    学会、ワークショップでの発表(国際学会)

    学会、ワークショップでの発表(国内)

    一般向け公演

    1. 2015年7月18日 名古屋大学地球水循環研究センター公開講演会「ふたたび雲をつかむ話」:「雲、その振る舞いをシミュレーションで再現する挑戦」

    獲得した研究予算など

    1. 2010年4月-2012年3月 日本学術振興会特別研究員・特別研究員研究奨励金
    2. 2010年9月-2011年9月 東京大学情報基盤センター・若手利用
    3. 2010年11月-2011年12月 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻・総合地球惑星科学推進を担う若手研究者育成に向けた海外派遣プログラム
    4. 2014年4月-2017年3月 文部科学省・科学研究費補助金(基盤研究B:26286089)「超水滴法の高度化によるエクサスケール時代を見据えた先駆的雲解像モデルの開発」・分担者
    5. 2014年4月-2015年3月 名古屋大学地球水循環研究センター共同研究「超高解像LESモデルと衛星シミュレータを用いた次世代衛星への提言」・代表者
    6. 2015年4月-2017年3月 文部科学省・科学研究費補助金(若手研究B:15K17766)「次世代数値気象ライブラリで拓く低層雲の地域横断的研究」・代表者
    7. 2016年4月-2017年3月 HPCI一般課題(「京」若手人材育成利用:hp160005)「全球雲粒サイズ解像モデルによる雲エアロゾル 相互作用に関するシミュレーション」・代表者(HPCI第4回成果報告会優秀成果賞受賞
    8. 2017年4月-2020年3月 文部科学省・科学研究費補助金(基盤研究C:17K05659)「数値気象モデルと放射線計測の融合による雷雲の電場構造と雷放電メカニズムの解明」・代表者
    9. 2018年10月-2019年3月 東京大学情報基盤センター・若手利用および学祭大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点(JHPCN)萌芽型共同研究課題「次世代気象気候ライブラリを用いた雷の発生プロセス解明」・代表者

    プレス発表など

    講義

    アウトリーチ


    本ページに掲載されている事項の無断転載は固く禁じます(© Yousuke Sato)

    Made 2007/07/18

    Last modified 2018/11/2