佐藤陽祐のぺ〜じ

English

SCALEのページへのリンク

自己紹介

  • ORCID: 0000-0002-6857-3783
  • ResearcherID: C-5416-2016

    経歴

    研究

    学部在籍時の研究

    専門:生物物理
    所属:名古屋大学理学部 光エネルギー研究室(G研)

    光合成の研究を主に行い、卒業研究では蛍光観測装置を立ち上げました。

    卒業研究のテーマ

    蛍光アップコンバージョン装置の立ち上げおよび、青色光センサータンパク質と光合成アンテナLHIIのフェムト秒蛍光寿命の測定

    大学院以降

    専門:雲物理
    所属:東京大学大気海洋研究所(気候システム研究系)・中島研究室

    修士論文

    修士論文のテーマ

    雲粒子成長モデリングにおける統計的手法の導入に関する研究 UT Repository

    博士論文

    博士論文のテーマ

    A numerical study on the microphysical properties of warm cloud off the west coast of California(カリフォルニア沖を対象とした暖かい雲の微物理特性に関する数値実験)UT Repository

    現在の研究(興味も含む)

    専門:雲物理、エアロゾル
    所属:名古屋大学工学研究科総合エネルギー工学専攻 エネルギー環境安全工学グループ 
    E-mail:y-sato[at]energy.nagoya-u.ac.jp

    雲粒子の成長過程をモデルによって再現して成長過程の雲微物理数値シミュレーションを使って研究しています。また全球モデル、領域モデルを用いて雲とエアゾロルの相互作用について研究しています。そのほか雲の中での雷の発生メカニズムに興味があります

    趣味

    バスケ、テニス、スポーツ観戦

    論文、発表リスト

    査読付き論文

    1. Y. Sato, T. Nakajima, K. Suzuki, and T. Iguchi, 2009, Application of a Monte Carlo integration method to collision and coagulation growth processes of hydrometeors in a bin-type model., J. Geophys. Res., 114, D09215, doi:10.1029/2008JD011247 full text PDF(UT Repository)

    2. Shibata, Y., Y. Murai, Y. Satoh, Y. Fukushima, K. Okajima, M. Ikeuchi, and S. Itoh, 2009, Acceleration of Electron-Transfer-Induced Fluorescence Quenching upon Conversion to the Signaling State in the Blue-Light Receptor, TePixD, from Thermosynechococcus elongatus, J. Phys. Chem. B., 113, 8192-8198 full text PDF(Pub Med)

    3. Y.Sato, K. Suzuki, T. Iguchi, I.-J. Choi, H. Kadowaki, and T. Nakajima, (2012a), Characteristics of Correlation Statistics between Droplet Radius and Optical Thickness of Warm Clouds Simulated by a Three-Dimensional Regional-Scale Spectral Bin Microphysics Cloud Model, J. Atmos. Sci., 69, 484-502 Abstract full text PDF(UT Repository)

    4. Y.Sato, T. Y. Nakajima, and T. Nakajima, (2012b), Investigation of the vertical structure of warm cloud microphysical properties using the cloud evolution diagram, CFODD, simulated by three-dimensional spectral bin microphysical model, J. Atmos. Sci., 69, 2012-2030, Abstract, full text PDF(UT Repository)

    5. 鶴田治雄、司馬薫、佐藤陽祐、橋本真喜子、荒井俊昭、山田裕子、中島映至(2012),気象学会2011年秋季大会スペシャルセッション「放射性物質輸送モデルの現状と課題」報告 2.3 : 原発事故による放射性物質の地表面沈着とその要因. (編者:近藤裕昭ほか), 天気, 59, 241 full text PDF(日本気象学会)

    6. 三隅良平、下瀬健一、岩崎杉紀、大東忠保、佐藤陽祐、鵜沼昴、大竹英明、古関俊也、斎藤篤思、橋本明弘、山下克也、田尻拓也、竹見哲也、藤吉康志、村上正隆、中井専人、李根玉(2013) , 第16回国際雲・降水会議(ICCP2012)の報告 6 :境界層の暖かい雲, 天気, 60, 177-185 full text PDF(日本気象学会)

    7. 西澤誠也、佐藤陽祐、 八代尚、宮本佳明、吉田龍二、富田浩文、Team SCALE, 2013, 高領域・高解像度実験のための気象LESモデルの開発, ながれ, 32, 149-152 full text PDF(日本流体力学会)

    8. Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Miyamoto, and H. Tomita(2014), Potential of Retrieving Shallow-Cloud Life Cycle from Future Generation Satellite Observations through Cloud Evolution Diagrams: A Suggestion from a Large Eddy Simulation, SOLA, 10, 10-14, doi:10.2151/sola.2014-003 full text PDF(J-stage)

    9. 佐藤陽祐、西澤誠也、八代尚、宮本佳明、山浦剛、富田浩文(2014),完全圧縮 LES モデルの開発と層積雲の成長過程に関する 計算~雲・エアロゾル科学への計算科学からの貢献, 低温科学, 72, 265-284 full text PDF(北海道大学HUSCUP)

    10. Y.Sato, Y. Miyamoto, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Kajikawa, R. Yoshida, T. Yamaura, and H. Tomita(2015), Horizontal Distance of Each Cumulus and Cloud Broadening Distance Determine Cloud Cover, SOLA, 11, 75-79, doi:10.2151/sola.2015-019 full_text_PDF(J-stage)

    11. Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y.Miyamoto, Y. Kajikawa,and H. Tomita(2015), Impacts of cloud microphysics on trade wind cumulus: which cloud microphysics processes contribute to the diversity in a large eddy simulation?, Prog. Earth Planet. Sci., 2, 23, doi:10.1186/s40645-015-0053-6 full_text_PDF(Springer)

    12. S. Nishizawa, H.Yashiro, Y.Sato, Y.Miyamoto, and H. Tomita(2015), Influence of grid aspect ratio on planetary boundary layer turbulence in large-eddy simulations, Geosci. Model Dev., 8, 3393-3419, doi:10.5194/gmd-8-3393-2015 full_text_PDF

    13. Y. Liu, Y. Sato, R. Jia, Y. Xie, J. Huang, and T. Nakajima(2015), Modeling study on the transport of summer dust and anthropogenic aerosols over the Tibetan Plateau, Atmos. Chem. Phys., 15, 12581-12594, doi:10.5194/acp-15-12581-2015 full_text_PDF

    14. T. Iguchi, I.-J. Choi, Y. Sato, K. Suzuki, and T. Nakajima(2015), Overview of the development of the Aerosol Loading Interface for Cloud microphysics In Simulation (ALICIS), Prog. Earth Planet. Sci., 2:45, doi:10.1186/s40645-015-0075-0 full_text_PDF

    15. S. Nishizawa, M. Odakta, Y. O. Takahashi, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, S. Takehiro, H. Yashiro, Y. Sato, H. Tomita, and Y.-Y. Hayashi(2016), Martian dust devil statistics from high-resolution large-eddy simulations, Geophys. Res. Lett., 43, doi:10.1002/2016GL068896 full_text_PDF

    16. Y. Sato, H. Miura, H. Yashiro, D. Goto, T. Takemura, H. Tomita, and T. Nakajima(2016), Unrealistically pristine air in the Arctic produced by current global scale models, Scientific Reports, 6, 26561, doi:10.1038/srep26561 full_text_PDF

    17. Y. Sato, A. Higuchi, A. Takami, A. Murakami, Y. Masutomi, K. Tsuchiya, D. Goto, and T. Nakajima(2016), Regional variability in the impacts of future land use on summertime temperatures in Kanto region, the Japanese megacity, Urban For. Urban Green., 20, 43-55, doi:10.1016/j.ufug.2016.07.012 full_text_PDF

    18. T. Michibata, K. Suzuki, Y. Sato, and T. Takemura(2016), The source of discrepancies in aerosol–cloud–precipitation interactions between GCM and A-Train retrievals, Atoms. Chem. Phys., 16, 15413-15424, doi:10.5194/acp-16-15413-2016 full text PDF

    19. R. Yoshida, S. Nishizawa, H. Yashiro, S. A. Adachi, Y. Sato, T. Yamaura, and H. Tomita, (2017), CONeP: A cost-effective online nesting procedure for regional atmospheric models, Parallel Computing, 65, 21-31, doi:10.1016/j.parco.2017.04.004 full text PDF

    20. Y. Sato, S. Shima, and H. Tomita, (2017), A grid refinement study of trade wind cumuli simulated by a Lagrangian cloud microphysical model: the super-droplet method, Atmos. Sci. Lett., 18, 350-365, doi:10.1002/asl.764 full text PDF

    学会、ワークショップでの発表(国際学会)(*は発表者)

    1. *Y. Shibata, Y. Satoh, D. Fujita, T. Tomii and S. Itoh, Femtosecond Fluorescence Up-Conversion Study of Light Harvesting and Electron Transfer in Intact Purple Photosynthetic Bacterial Membrane., 5th East Asian Biophysics Symposium, 2P346, Okinawa, Japan., November, 2006

    2. *Y. Shibata, Shunsuke K., Y. Satoh, and S. Itoh., Detection of Ultra-Fast Process in the Energy Electron Transfer Dynamics in Photosystem I Reaction Center., 14th International Congress of Photosynthesis, PS2.19 Glasgow, Scotland, July, 2007

    3. *Y. Sato,T. Nakajima, K. Suzuki, and T. Iguchi, Application of a Monte Carlo integration method to collision and coagulation growth processes of hydrometeors in a bin-type model., 11th The University Allied Workshop for Climate and Environmental Changes, Seoul, Korea, June 2009

    4. *Y. Sato,T. Nakajima, and K. Suzuki, Application of a Monte-Carlo integration method to collision and coagulation growth processes of hydeometeors in a bin-type model., 13th Conference on Cloud Physics, P1.50, Portland, Oregon, USA, June, 2010 、Extended Manuscript

    5. *Y. Sato,T. Nakajima, K. Suzuki, and T. Iguchi, Numerical Simulation of stratocumulus off the coast of California.,Radiation, Cloud, Aerosol, and Climate workshop, Sendai, Japan, August, 2010

    6. *Y. Sato, T. Nakajima, T. Iguchi, Numerical Simulation of stratocumulus off the coast of california., First International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, Kyoto, Japan, September-Octover, 2010 ,Abstract (UT Repository)

    7. *Y. Sato, T. Nakajima, K. Suzuki, T. Iguchi, I.-J. Choi, A study of the microphysical mechanism for correlation patterns between droplet radius and optical thickness of warm clouds off the coast of California as simulated by a downscaling spectral bin microphysical model., American Geophysical Union Fall meeting, A21C-101, San Francisco, CA, USA, December, 2010, PDF(UT Repository)

    8. *Y. Sato, K. Suzuki, and T. Nakajima, A study of microphysical mechanism for correlation patterns between droplet radius and optical thickness of warm clouds simulated idealized and downscaling simulation by a three-dimensional spectral bin microphysical model., European Geoscience Union General Assembly, EGU2011-5096, Vienna, Austria, April, 2011 Abstract(EGU web page)Presen_file(EGU web page)

    9. *H. Tsuruta, Y. Sato, M. Hashimoto, and T. Nakajima, Regional distribution of radioactive Cs concentrations in the surface soil of agricultural-ecosystems affected by the accident of Fukushima nuclear power plants, International Congress for Analytical Sciences 2011(ICAS2011), 24P124, Kyoto, Japan, May, 2011

    10. *Y. Sato, T. Nakajima, K. Suzuki, J. B. Jensen, T. Y. Nakajima, and H. Takenaka, Validation of JMANHM+HUCM through comparisons with satellite and aircraft observation in DYCOMS-II period., xxv International Union of Geodesy Geophysics General Assembly, #3571., Melbourne, Australia, June, 2011 PDF file(UT Repository)

    11. *Y. Sato, T. Y. Nakajima, and T. Nakajima, Investigation of the vertical structure of warm cloud microphysical properties using the cloud evolution diagram, CFODD, simulated by three-dimensional spectral bin microphysical model, International Radiation Symposium, IRS2012-66, Berlin, Germany, August, 2012 Abstract (IRS-2012 home page)

    12. Y.Sato, *H.Yashiro, S. Nishizawa, Y.Miyamoto, H. Tomita, and Team-SCALE, Development of SCALE-LES3 model and numerical simulations of shallow clouds by the model, Second International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, Sendai, Japan, November, 2012

    13. *Y.Sato, H. Yashiro, S. Nishizawa, Y. Miyamoto, H. Tomita, Development of SCALE-LES3 model and numerical simulation of shallow clouds by the model, 1st International conference on Frontires in computational physics: Modeling the earth system, O15, Boulder, CO, USA, December, 2012

    14. *Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Miyamoto, H. Tomita, Team-SCALE, Numerical simulations of stratocumulus off the west coast of California, RIKEN AICS international symposium 2013, Kobe, Japan, February, 2013

    15. *Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Miyamoto, H. Tomita, Transition from closed cell to open cell structure of stratocumulus simulated by high resolution Large Eddy simulation model covering wide calculation domain, 14th Conference on Cloud Physics, Boston, MA, USA, July, 2014

    16. *Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Miyamoto, H. Tomita, Potential of Retrieving Shallow-Cloud Life Cycle from Next Generation Satellite Observations through Cloud Evolution Diagrams: A Suggestion from a Large Eddy Simulation, AOGS 11th Annual Meeting, AS48-A030, Sapporo, Japan, August, 2014

    17. *Y.Sato, S. Nishizawa, H. Yashiro, Y. Miyamoto, Y. Kajikawa, H. Tomita, Transition from cumulus under stratocumulus to isolated cumulus simulated in a single calculation domain, 3rd International workshop on Non-hydrostatical Model, Kobe, Japan, September, 2014

    18. *D. Goto, Y. Sato., H. Yashiro, K. Suzuki, T. Nakajima, A model evaluation of global high-resolving simulated aerosol distributions, Asian Conference on Meteorology, O-2-14, Kobe, Japan, Oct., 2015

    19. *D. Goto, Y. Sato, H. Yashiro, K. Suzuki, T. Nakajima, Simulation and validation of global aerosol distributions using a nonhydrostatic icosahedral atmospheric model with 14 km grid spacing, American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2015, A31D-0096, San Francisco, CA, USA, Dec., 2015

    20. *Y.Sato, K. Suzuki, T. Michibata, H. Yashiro, D. Goto, T. M. Nagao, H. Tomita, and T. Nakajima, Impacts of the autoconversion scheme on the clouds as simulated by a global cloud system-resolving model: regional variability of the impacts, AGU Fall meeting 2015, A51M-0253, San Francisco, CA, USA, Dec., 2015

    21. *Y.Sato and S. Shima, Impacts of grid resolution on the maritime cumulus simulated by the stochastic lagrangian cloud microphysical scheme, 17th International Conference on Clouds and Precipitations, P2.12, Manchester, UK, Jul., 2016

    22. *Y. Sato, H. Miura, H. Yashiro, D. Goto, T. Takemura, H. Tomita, and T. Nakajima, Current-generation global climate models inevitably underestimate pollutant transports to the Arctic, The 4th International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, Kanagawa, Japan, Dec., 2016

    23. *Y. Sato, S. Shima, and H. Tomita, Impacts of spatial grid resolution on the cloud cover of marine shallow cumulus, The 4th International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, P14, Kanagawa, Japan, Nov.-Dec., 2016

    学会、ワークショップでの発表(国内)

    1. *佐藤陽祐、鈴木健太郎、中島映至、雲粒子成長過程における衝突・併合過程の乱数法を用いた計算、日本気象学会春期大会、P314、東京、6月2007年 、 予稿集(UTリポジトリ)

    2. *佐藤陽祐、鈴木健太郎、中島映至、雲粒子成長過程における衝突・併合過程の乱数法を用いた計算その2〜評価と感度実験〜、日本気象学会秋季大会、P349、北海道、10月2007年、 予稿集(UTリポジトリ)

    3. *佐藤陽祐、中島映至、鈴木健太郎、井口享道、ビン型雲モデルを用いたビデオゾンデ観測との比較実験、第11回非静力学モデルに関するワークショップ、F4、弘前、9月2009年、 予稿集(UTリポジトリ)

    4. *佐藤陽祐、中島映至、鈴木健太郎、井口享道、ビン型雲モデルを用いた対流性降水の降ビン型雲モデルを用いた対流性降水の降水粒子形成メカニズムに関する数値実験、日本気象学会秋季大会、P125、福岡、11月2009年、 予稿集(UTリポジトリ)

    5. *佐藤陽祐、東部太平洋における層積雲の再現実験、気象学会若手夏の学校、A22、京都、7月2010年

    6. *佐藤陽祐、鈴木健太郎、井口享道、中島映至、ビン型雲モデルを用いた東部太平洋における層積雲の再現実験、日本気象学会秋季大会、P349、京都、10月2010年、 予稿集(UTリポジトリ)

    7. *佐藤陽祐、中島映至、Jorgen B. Jensen、中島孝、竹中栄晶、衛星観測、および飛行機データを用いたJMANHM+HUCMのValidation、日本気象学会春季大会、P119、東京、5月2011年、予稿集(UTリポジトリ)

    8. *鶴田治雄、佐藤陽祐、橋本真喜子、中島映至、福島原発事故後に測定された農地土壌中の放射性セシウム濃度の広域分布、日本地球惑星科学連合大会、MIS036-P182、東京、5月2012年

    9. *鶴田治雄、司馬薫、佐藤陽祐、橋本真喜子、荒井俊昭、山田裕子、中島映至、原発事故による放射性物質の地表面沈着の広域分布とその要因、第52回大気環境学会年会、長崎、9月2011年

    10. *佐藤陽祐、中島映至、ビン型雲モデルを用いた東部太平洋における層積雲の再現実験:その2 境界層高度に関する感度実験、日本気象学会秋季大会、P341、名古屋、11月2011年、予稿集(UTリポジトリ)

    11. *鶴田治雄、司馬薫、佐藤陽祐、橋本真喜子、荒井俊昭、山田裕子、中島映至、原発事故による放射性物質の地表面沈着の広域分布とその要因、日本気象学会秋季大会、A203、名古屋、11月2011年

    12. *佐藤陽祐、中島孝、中島映至、ビン型雲モデルを用いて検証するCFODD上で見られる雲の成長過程、日本気象学会春季大会、B306、つくば、5月2012年

    13. *五藤大輔、中島映至、Tie Dai、打田純也、清木達也、佐藤陽祐、佐藤正樹、富田浩文、八代尚、原政之、鈴木健太郎、竹村俊彦、須藤健吾、森野悠、大原利眞、丹羽洋介、滝川雅之、鵜野伊津志、宮地あかね、三澤翔太、植松光夫、鶴田治雄、井上豊志郎、SALSAプロジェクトにおける夏期関東領域での大気微量物質シミュレーション、日本気象学会秋季大会、A160、北海道、10月2012年

    14. *西澤誠也、八代尚、宮本佳明、小高正嗣、高橋芳幸、林祥介、富田浩文、竹広真一、石渡正樹、中島健介、佐藤陽祐、杉山耕一朗、Team-SCALE、地球流体電脳倶楽部、火星境界層乱流のLES実験、日本気象学会秋季大会、C156、北海道、10月2012年

    15. *西澤誠也、八代尚、宮本佳明、小高正嗣、高橋芳幸、林祥介、富田浩文、竹広真一、石渡正樹、中島健介、佐藤陽祐、杉山耕一朗、Team-SCALE、地球流体電脳倶楽部、火星境界層乱流のLES実験、日本惑星科学会秋季講演会、O4-03、神戸、10月2012年

    16. *八代尚、西澤誠也、宮本佳明、三浦裕亮、清木達也、佐藤陽祐、大野善之、下坂健則、島田明男、富田浩文、Team-SCALE、広領域・大規模計算のためのLES気象モデルの開発、日本気象学会秋季大会、D166、北海道、10月2012年

    17. *佐藤陽祐、八代尚、西澤誠也、宮本佳明、Team-SCALE、富田浩文、SCALE-LESを用いた下層雲の数値実験、日本気象学会秋季大会、D166、北海道、10月2012年

    18. *宮本佳明、八代尚、西澤誠也、佐藤陽祐、富田浩文、Team-SCALE、加熱面上境界層の乱流場に対する格子形状の影響、日本気象学会秋季大会、D167、北海道、10月2012年

    19. *西澤誠也、佐藤陽祐、八代尚、宮本佳明、富田浩文、Team-SCALE、高解像度重力流実験でみられた不安定のフラクタル構造とそれによる混合、日本気象学会春季大会、D403、東京、5月2013年

    20. *佐藤陽祐、八代尚、西澤誠也、宮本佳明、富田浩文、Team-SCALE、計算科学から貢献する雲の本質的理解へ向けた将来展望、日本気象学会春季大会(招待講演)、B460、東京、5月2013年

    21. *佐藤陽祐、五藤大輔、八代尚、Tran Thi Ngoc Trieu, 富田浩文、中島映至、エアロゾル輸送モデルおよび大気化学輸送モデルを組み込んだJMANHMによる関東域でのシミュレーション、日本気象学会秋季大会、P184、仙台、11月2013年

    22. *佐藤陽祐、西澤誠也、八代尚、宮本佳明、富田浩文、超高解像モデルを用いたCFODDの時系列、GSMaPおよび衛星シミュレータ合同研究集会、名古屋、2月2014年

    23. *佐藤陽祐、西澤誠也、八代尚、宮本佳明、富田浩文、Team-SCALE、将来HPCでの使用を見据えた共通基盤ライブラリ(SCALE)の開発とSCALEを用いて作成されたデータセット、日本地球惑星連合2014年連合大会、ACG38-P02、横浜、4月2014年

    24. *佐藤陽祐、西澤誠也、八代尚、宮本佳明、富田浩文、境界層雲の数値実験に雲微物理スキームが及ぼす影響評価、日本気象学会春季大会、C305、横浜、5月2014年

    25. *佐藤陽祐、西澤誠也、八代尚、宮本佳明、梶川義幸、富田浩文、広領域・高解像度 LES による層積雲から積雲への遷移過程の再現実験、日本気象学会秋季大会、D166、福岡、10月2014年

    26. *佐藤陽祐、島伸一郎、超水滴法を用いた洋上の浅い雲の再現実験と妥当性評価、日本気象学会春季大会、P311、つくば、5月2015年

    27. *佐藤陽祐、西澤誠也、八代尚、宮本佳明、梶川義幸、吉田龍二、山浦剛、富田浩文、浅い雲の雲被覆率に対する積雲の広がりと積雲間距離の影響 、日本地球惑星科学連合2015年連合大会、AAS22-08、千葉、5月2015年

    28. *五藤大輔、佐藤陽祐、八代尚、鈴木健太郎、中島映至、全球高解像度計算によるエアロゾル分布(1)モデル検証、日本気象学会秋季大会、D363、京都、10月2015年

    29. *鈴木健太郎、佐藤陽祐、八代尚、五藤大輔、全球雲解像モデルにおける降雨量の雲粒数密度への感度、日本気象学会度秋季大会、D111、京都、10月2015年

    30. *佐藤陽祐、八代尚、五藤大輔、鈴木健太郎、永尾隆、Autoconversionが暖かい降水に与える影響の領域間比較、日本気象学会秋季大会、D112、京都、10月2015年

    31. *佐藤陽祐、樋口篤志、高見昭憲、村上暁信、増冨祐司、土屋一彬、五藤大輔、中島映至、関東地方における夏季を対象とした緑化効果の地域特性に関する考察、日本気象学会春季大会、P136、東京、5月2016年

    32. *佐藤陽祐、石坂隆、西澤誠也、八代尚、足立幸穂、吉田龍二、山浦剛、富田浩文、ビン法雲モデルと Downscaling を用いた雲・エアロゾル相互作用に関する数値実験 〜その1:航空機観測と衛星観測を用いたモデルの妥当性評価〜、日本気象学会春季大会、P223、東京、5月2016年

    33. *佐藤陽祐、三浦裕亮、八代尚、五藤大輔、竹村俊彦、富田浩文、中島映至、全球雲解像実験による黒色炭素の北極への輸送、日本気象学会秋季大会、B363、名古屋、10月2016年

    34. *佐藤陽祐、五藤大輔、道端拓朗、鈴木健太郎、竹村俊彦、富田浩文、中島映至、全球モデルにおける第2種間接効果の精緻な表現に必要な要素〜全球雲解像モデルとGCMの比較から〜、日本気象学会春季大会、B209、東京、5月2017年

    35. *佐藤陽祐、五藤大輔、道端拓朗、鈴木健太郎、竹村俊彦、富田浩文、中島映至、全球モデルにおける雲・エアロゾル相互作用の放射強制力の見積もり〜全球雲解像モデルとGCMの比較〜、日本気象学会秋季大会、A108、北海道、10月2017年

    36. 佐藤陽祐、*滝川雅之、関山剛、梶野瑞王、鶴田治雄、中島映至、山澤弘実、東京電力福島第1原子力発電所起源のCs-137の 大気中の動態に関する第2回モデル間比較プロジェクト、日本気象学会秋季大会、B412、北海道、11月2017年

    一般向け公演

    1. 2015年7月18日 名古屋大学地球水循環研究センター公開講演会「ふたたび雲をつかむ話」:「雲、その振る舞いをシミュレーションで再現する挑戦」

    研究予算など

    1. 2010年4月-2012年3月 日本学術振興会特別研究員・特別研究員研究奨励金
    2. 2010年9月-2011年9月 東京大学情報基盤センター・若手利用
    3. 2010年11月-2011年12月 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻・総合地球惑星科学推進を担う若手研究者育成に向けた海外派遣プログラム
    4. 2014年4月-2017年3月 文部科学省・科学研究費補助金(基盤研究B:26286089)「超水滴法の高度化によるエクサスケール時代を見据えた先駆的雲解像モデルの開発」・分担者
    5. 2014年4月-2015年3月 名古屋大学地球水循環研究センター共同研究「超高解像LESモデルと衛星シミュレータを用いた次世代衛星への提言」・代表者
    6. 2015年4月-2017年3月 文部科学省・科学研究費補助金(若手研究B:15K17766)「次世代数値気象ライブラリで拓く低層雲の地域横断的研究」・代表者
    7. 2016年4月-2017年3月 HPCI一般課題(「京」若手人材育成利用:hp160005)「全球雲粒サイズ解像モデルによる雲エアロゾル 相互作用に関するシミュレーション」・代表者(HPCI第4回成果報告会優秀成果賞受賞
    8. 2017年4月-2020年3月 文部科学省・科学研究費補助金(基盤研究C:17K05659)「数値気象モデルと放射線計測の融合による雷雲の電場構造と雷放電メカニズムの解明」・代表者

    プレス発表など

    講義

    いろいろ

    イベント写真など


    本ページに掲載されている事項の無断転載は固く禁じます

    Made 2007/07/18

    Last modified 2017/11/7